クリーニング

色んな市区町村や駅周辺にあるクリーニング店の情報をまとめつつ、最近使っている宅配クリーニングの特徴やおすすめ業者なんかをまとめています。

宅配クリーニング おすすめ

私が調べてみた限り、宅配クリーニング業者は40社以上あります。

この中から自力で良い業者を見つけるのは時間のムダなので、個人的なおすすめ業者を2つまとめておきました。

f:id:wash-yarou:20220409122733j:plain

もしあなたが、

  • 使い勝手と安さを両立したい
  • 知名度よりもサービスの良さで選びたい

って考えなら、この記事は参考になるはずです。

宅配クリーニングのおすすめ業者2選

ここではランキング形式ではなく、

  • 普段使いをする場合
  • 単価の高い衣類をクリーニングする場合

こういう状況に合わせたおすすめ業者を1つずつ紹介しています。


おすすめ1.リネット

向いている使い方

  • 普段使い
  • 単価の安い衣類を出す

特徴

  • 単品料金制で1着からでも利用できる
  • 料金は普通のクリーニング店と同程度
  • 首都圏以外でも最短2日で届けてくれる
  • 全体的な完成度がかなり高い

料金例

  • ワイシャツ:319円
  • セーター:649円
  • ジャケット:1,045円

送料(プレミアム会員)

  • 合計2,090円以上:無料
  • 合計2,090円未満:1,980円

送料(通常会員)

  • 合計11,000円以上:無料
  • 合計8,800円以上:980円
  • 合計8,800円未満:1,980円


宅配クリーニング業者のほとんどは「10点セット:10,000円」というセット料金制なので、普段使いはしにくいです。

でもリネットは普通のクリーニング業者と同じで「ワイシャツ1点:319円」という単品料金制なので、1着や2着でもクリーニングに出すことが出来ます。

また東京や神奈川・千葉など首都圏以外でも、クリーニングに出してから2日で自宅に届けてくれます。

首都圏だと最短1日なので、より普段使いがしやすいです。

それに加えて、申込みは「預ける日」と「届ける日」を選ぶだけだったり、自前でダンボールを用意しなくても良かったり、万が一に備えた再購入価格の保証制度があったりと、全体的な完成度が高いサービスです。

ただ、通常会員だと合計11,000円以上じゃないと送料無料になりません。

これはハードルが高すぎます。

なので利用するなら、プレミアム会員になるのは必須です。

毎月429円または年間5,148円(定期配布クーポンで実質209円)でプレミアム会員になれるので、負担もあまり大きくありません。



おすすめ2.パンダクリーニング

向いている使い方

  • 単価の高い衣類を出す

特徴

  • セット料金制で3点からクリーニング可能
  • 無料登録で3,000ポイントが貰える
  • 12ヶ月間の無料保管サービスがある

料金例

  • 3点:6,600円(1点2,200円)
  • 5点:7,645円(1点1,529円)
  • 10点:9,845円(1点984円)
  • 15点:14,300円(1点953円)

送料:無料


パンダクリーニングは、リネットと違ってセット料金制です。

ただ他の宅配クリーニング業者と違って3点や5点からクリーニングに出せるので、使い勝手が良いです。
※他の業者では、最低10点~というケースが多いです。

ただ、ワイシャツのように単価の安い服をクリーニングするなら、リネットを使う方が安いです。

リネットならワイシャツ3着で957円ですからね。

パンダクリーニングを使うのは、単価の高いダウンやコート・革製品なんかをクリーニングに出す場合がおすすめです。

また無料会員登録で3,000円相当のポイントが貰えるので初めて利用する方にも優しいです。

加えて、12ヶ月の無料保管サービスがあります。

いわゆる「セカンドクローゼット」ってやつです。

衣替えの時にクリーニングして預けたままにしておけるので、クローゼットをスッキリさせる事が出来ます。



宅配クリーニングの料金シミュレーション

さきほどおすすめ業者を2つまとめましたが、それぞれおすすめの使い方は違います。

  • リネット:普段使い or 単価の安い服
  • パンダクリーニング:単価の高い服


じゃあ実際に、宅配クリーニングをしたらどういう料金になるのかを試算してみます。

f:id:wash-yarou:20220409122835j:plain

「単価の高い衣類って言われても・・・」

って感じてる方は、参考にしてください。

※送料はプレミアム会員で計算しています
※オプションは一切含んでいません

ワイシャツ3着+スーツ下2着

  • リネット:2,409円(送料0円)
  • パンダ:7,645円

スーツ上下1セット+ワイシャツ2着

  • リネット:2,409円(送料0円)
  • パンダ:6,600円

セーター3着+カーディガン2着

  • リネット:3,663円(送料0円)
  • パンダ:7,645円

ワンピース2着+コート1着

  • リネット:4,796円(送料0円)
  • パンダ:6,600円

ダウン2着+コート1着

  • リネット:7,106円(送料0円)
  • パンダ:6,600円

着物2着+着物肌着3着

  • リネット:9,691円(送料0円)
  • パンダ:7,645円


こうしてシミュレーションしてみると、「ダウン2着+コート1着」から料金が逆転しています。

リネットでは

  • ダウン:2,508円
  • コート:2,090円

なので、2着+1着となればやっぱり高くなります。

逆に、単価2,000円以下の衣類ならパンダクリーニングよりもリネットを使った方が総額が安くなるケースが多いようです。


私のおすすめ

ここでは2つの宅配クリーニング業者を紹介しました。

ただ、どちらかが全てにおいて優れているわけではなく、状況によって業者を使い分けるのがベストです。


そしてその使い分けについては、

  • リネット:普段使い or 単価の安い服
  • クリーニングパンダ:単価の高い服

これが原則です。

パンダクリーニングを利用すると3点・5点・10点などまとめてクリーニングする事になりますが、衣類によってはリネットの方が遙かに安いです。

この辺りは、先ほどシミュレーションで見てもらったとおりです。


また仕上がりまでの日数を比べると、

  • リネット:最短2営業日
  • クリーニングパンダ:最短5営業日

これぐらい違います。

特にリネットは首都圏の一部地域だと最短1営業日で届けてくれるので、かなり使い勝手が良いです。


なので、リネットの方が総合的な満足度は上だと思います。

そして先ほどの原則を踏まえて私の場合は、

  • クリーニングパンダ:冬服の衣替え
  • リネット:それ以外のクリーニング

こういう使い分けをしています。

私がこの記事で一番おすすめしたいのはこの使い分けです。


f:id:wash-yarou:20220409122450j:plain


冬服の衣替えシーズンだと単価の高い服をたくさん出すのでパンダクリーニングの方が安いですが、それ以外ではリネットの方が安い上に便利です。


とはいえパンダクリーニングにも

「コートやダウンなどを複数出す場合はかなり安い」

という魅力的なメリットがあるので、状況に応じて使い分けることをおすすめします。

ただリネットを利用するなら、送料のことも考えてプレミアム会員になるのが必須です。